プロフィールなのら~♪

ゆかり

Author:ゆかり
名前 さくら
誕生日 2005.6.22
性別 女の子
体重 9.5kg(11.4.30)
住所 神奈川県
好き 食べ物全般
    水遊び
    ドライブ
    人
特技 高速拾い食い
性格 好奇心旺盛だけど、
    ビビリで甘えん坊。

月別アーカイブなのら~♪

カテゴリーなのら~♪

最近の記事なのら~♪

大切なお友達と親戚さんなのら~♪

コメントありがとなのら~♪

トラックバックなのら~♪

ご訪問ありがとなのら~♪

メールを待ってるのら~♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/11/02 Fri  23:42
胆泥&胆石


10月11日

ワクチンを打ちに大好きな病院に行って来たのら。

003_20121102205021.jpg


今回、長い文章になってます…

3歳の時から春のフィラリア検査のついでに血液検査もしてましたが、
もう7歳だし、半年に一度にしようと今回は健康診断も受けてきました。

内容は触診、視診などとレントゲン検査、血液検査です。

触診、視診で分かるトコでは、
多少の発疹や軽い外耳炎があった程度で問題なし。

レントゲン検査では、
第2ー3腰骨の奇形を指摘されましたが、
これは2歳のときから分かっていて、特に変化無し。

腰に近い部分も加齢による変形が多少出てましたが、
麻痺が出たりするようなものではなく、問題なしとの事。

子宮蓄膿症など避妊していない事でなりえる病気もなし。

ただ、胆嚢が白く写ってました。

レントゲンだけでは病名を特定出来ないこと、
見た限り急を要する病気ではない事などから、
血液検査の結果を待って、
もう一度今後の事を話し合う事にして帰宅。

10月20日

血液検査の結果を聞きに病院へ。

胆嚢が白く写っていた事で気になる、
肝不全、甲状腺ホルモンには特に異常なし。

血液検査では異常が無かったけど、
レントゲン検査で白く写ってたって事は、
胆泥か胆石があるとの事でエコー検査をしてもらいました。

結果は胆泥も胆石もありました。

001_20130129221701.jpg


ピンクの〇が胆嚢。
オレンジの矢印のトコの薄く白くなっているトコが胆泥。
濃く白くなっているトコが胆石。
青い線の間は異常が無ければ周りと同じように写るそうです。

胆泥と胆石は見つかりましたが、
幸いな事にまだ初期段階。胆石もまだ砂粒大。

お薬ではなく胆泥をサラサラに戻す作用のあるサプリで様子見です。

これから一生サプリ、効き目が無ければお薬を飲む事になると思うけど、
胆泥、胆石の原因は何だろうと思い、調べてみました。

10以上のサイトを見たものを私なりにまとめると…

《胆泥症・胆石》

脂肪の消化に重要な役割を果たす胆汁は肝臓で生成され、
胆嚢に一時貯蔵される。
食事をすると胆嚢が収縮し、それに伴い胆汁は十二指腸に放出される。
この胆汁が何らかの原因で濃縮して変質し泥状になって胆嚢に貯留したものが胆泥。
胆汁の成分が変質して結石状になったものが胆石。

《原因》

胆嚢炎(細菌感染・腸炎・膵炎・肝炎からの併発で発症する事が多い)や、
内分泌疾患(甲状腺機能低下症や副腎皮質機能亢進症)があると、
胆汁の性状が変化するために出来やすくなる。

《特徴》

人でもっとも多いコレステロール胆石は犬ではあまり見られず、
カルシウム塩が殆ど。
これは犬の胆汁中のコレステロールを溶解させておく能力が高いため。

年令では2歳齢以上で慢性経過をとることが多い。

《症状》

胆石の大きさや形状によって異なるが、
胆泥や胆石が出来ただけであれば無症状のまま経過する事が多い。

しかし、胆嚢炎が悪化したり、
胆道が胆泥や胆石で塞がれたり(総胆管閉塞症)すると、
元気や食欲がなくなり、嘔吐、歩様異常、体重減少が見られる。

胆道が閉塞し、胆汁が十二指腸へ排出されなければ黄疸が起こり、
眼や口腔粘膜などの可視粘膜が黄色みをおびるようになる。
消化不良や胆汁色素の不足のためにウンチが白っぽくなったりする。
同時に胆嚢自体も腫れ、最悪の場合胆嚢が破裂して腹腔内が汚染され、
臓器が傷つき腹膜炎を起こす事もある。

胆嚢内や総胆管に出来た結石が移動する事によって胆道を刺激した場合、
背中を丸めて腹痛を訴える。

《治療》

早期に発見され病態が軽度の場合、胆汁の生成を促して流れを良くしたり、
胆汁の排出を促す目的で利胆剤を投与する内科的治療で様子を見る。
しかし、カルシウム塩の場合は内科的治療で結石を溶かす事は期待出来ない。

胆嚢炎や内分泌疾患に伴う場合、肝障害を伴う場合は原疾患の治療が必要。

内科的治療に反応が悪かったり重症の場合、外科的治療を行う。
胆泥や胆石のみを取り出す方法もあるが、
再発防止のため胆嚢ごと切除摘出するのが一般的。

原疾患が無く、症状も示さず、肝障害なども伴っていない場合には、
治療をせずに経過観察を行うこともある。

《予防》

適切な食事や運動、健康管理を行って、
消化管の病気や肝臓の病気にかかりにくい体質を保つ。
特に高カロリー、高脂肪の食べ物には注意が必要。
胆嚢炎や内分泌異常があると発生しやすくなるので、
そのような疾患があれば早めに治療。
何年もかけて徐々に悪化する慢性タイプのものが多いので、
定期的に血液検査を行い、異常を認めたら、
エコー検査を行うなどして、早期発見、早期治療を心がける。



実は血液検査の結果、
総コレステロールと中性脂肪が高いです。

どうやら少ない方のコレステロール胆石の様です。

先生が血液検査の結果を待ちたかったのは、
肝不全や内分泌疾患を疑っての事だったのだね。
でもそっちは問題なく少ない方のコレステロールが原因とは…

コレステロールは初めての血液検査の時から高く、体質だそうです。
中性脂肪は夏の間の運動不足で
体重が9.7kg→10.6kgに増加したのが原因かと…

本当は運動量も減ってきたし、シニアフードにしたいのですが、
さくらの食べてるアレルギーフードにシニア用は無く、
かと言って皮膚の調子が良いので変えるのも…
先生と相談して量を10%減らす事になりました。
涼しくなってきたのでお散歩時間も長くして、只今ダイエット中。

胆泥、胆石は見つかったものの早期発見で内科的治療を始められたし、
他に大きな病気も無く一安心。

後はムリのない程度に運動を増やして、
サプリの効果に期待しましょう。

20日頃に再度エコー検査に行くので、
またご報告しまーす。

にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
↑1606サイトが登録中

フレンチブルドッグひろば
↑2528サイト6325ブヒが登録中

*コメント欄を閉じさせてもらってます。
何かありましたら左サイドバーにあるメールフォームよりお願いします。




イベントに行ったのら♪ ≪         HOME         ≫ 福島へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。